チョットずつ奥の細道 h−3     今市から那須湯本まで その3

      黒羽〜那須湯本〜黒磯駅
                                                         2013年4月30日(火)


本日の行動は、下mapの如し。
 @ 大田原市黒羽クロバネのホテル花月をスタートして、北上。
   ほぼ那珂川に平行に遡り、那須分岐点(下図★印)に至る。(赤線)
 A 那須分岐点から那須街道を北上し、那須湯本温泉に至る。昼飯休憩。
   那須湯本温泉から那須街道を走って戻り、高福寺と高久家の芭蕉句碑に寄って、JR黒磯駅から乗車・帰阪。(青線)

       




   左写真、那珂橋には歩道を後から付けている。
          トラスの鉄骨に筋交いを溶接して付けているのだ。
          ホテルの女将によると、歩道は20年くらい前に付けられたとのこと。
          私も昨日、今日と渡っている。歩行者・自転車には大いに助かる。
          なお、この前の地震の時にはコノ橋だけが何ともなかった。

      中写真、今日は曇天で、雨が降りそうな空である。関東ロームの上に鯉幟が垂れ下がっていた。
           この辺りは関東平野の北の端である。

         右写真、鍋掛神社の門前(鍋掛愛宕峠)にある「鍋掛の一里塚」。
              奥州街道41番目の一里塚。(1604年に築かれたそうな。)




   左写真、鍋掛神社の本殿。
       (この後、我がBD−1は、旧・陸羽街道・72号線を東に進み、那珂川を渡る。)

      中写真、鍋掛神社から公民館に移された芭蕉句碑
         野を横に 馬牽きむけよ ほとゝぎす

         右写真、那珂川の上流側。




   左写真、橋上で振り返る。

      中写真、那須野ヶ原の平地が延々と続く。

         右写真、一番左の石には「馬力神」と彫られている。

   那須分岐点から那須街道を北上し、那須湯本温泉に着く。

===============================================================================================



   左写真、温泉ユセン神社の鳥居左前に足湯があった。ゆっくり休憩する。
         非常に高温であり、ホースを延ばして水を出しっぱなしにして、足を漬けた。

    中写真、温泉ユセン神社の社務所前を進む。

         右写真、本殿前の芭蕉句碑
            湯をむすぶ誓ひも同じ石清水




   左写真、温泉ユセン神社の本殿。

      中写真、殺生石は眼下である。

         右写真、殺生石をバックに芭蕉句碑
            いしの香やなつ草あかく露あつし



   左写真、千体地蔵。

      中写真、鹿の湯。
         湯の川を挟んで右側が受付棟、左側が浴室棟らしい。浴槽は41℃〜46℃までの6段階があるとのこと。

         右写真、鹿の湯の民宿街。



   左写真、芭蕉の宿泊地跡。
      芭蕉のココでの句
      " 湯を結ぶ 誓いも同じ 石清水 "

      中写真、那須街道を快適に下る。ただし、車に最大限の注意を払いながら。
         街道に平行する遊歩道で那須を堪能した。

         右写真、高福寺に立つ芭蕉と曾良の句碑
              落ちくるやたかくの宿の郭公ホトトギス  芭蕉
              木の間をのぞく短夜の雨         曾良
           高福寺は高久家の菩提寺。バックは本堂。




   左写真、「芭蕉二宿の地」の碑が立っている高久家。
       何度も大声をお掛けさせていただいたが、お留守の様子だった。

      中写真、碑には、
           みちのく一見の桑門同行二人那須の
           篠原をたつねて猶殺生石みむとて
           急き侍る程にあめ降り出ければ
           此ところにとゝまり候。
                             風羅坊
         落くるやたかくの宿の郭公
         木の間をのぞく短夜の雨  曽良
      と刻まれているはず。

===============================================================================================

         右写真、JR黒磯駅から、東北本線、東北新幹線、東海道新幹線を乗り継いで、無事帰宅した。。

なお、下のmapは、湯本温泉から高福寺、高久家の句碑に寄り、JR黒磯駅までの走行軌跡である。





                                             


                             奥の細道のTopへ   


                      ”黒いバイク の ペダリング”Topへ